株主総会クラウドは株主数に応じた株主総会1回あたりの都度課金です(月額費用は不要です)。こちらにコスト削減シュミレーターをご用意しておりますので、ぜひご活用ください。

※お支払い方法はクレジットカードのみです。詳しくはこちら

※ご利用ストレージが3GBを超える場合は、別途月額の利用料金が必要です。
3GB超え:¥980(税込 ¥1,078)/月

10GB超え:¥2,980(税込 ¥3,278)/月

■ 基本料金(税別)

¥980(税込 ¥1,078)(株主総会への参加する1株主あたりの費用)

■ スタンダードプランが適応される場合の追加料金(税別)

¥14,800(税込 ¥16,280)

スタンダードプランが適応される条件(委任状形式で開催の場合)

以下のいずれかの条件に該当した場合、スタンダードプランが適応され、基本料金に加えて追加料金が必要です。

条件1:1回の株主総会の開催あたり、15名以上の参加株主が設定された場合

条件2:同日に2回以上の株主総会が開催される場合

条件3:セキュリティオプションが選択された場合

※みなし決議形式での開催の場合は、開催日が存在しないため、条件1もしくは条件3の場合において毎回追加料金が必要となります。

一度、上記の3つのいずれかの条件でスタンダードプランが適応になった場合、同日開催の株主総会に関してはどのような場合においても、追加料金は不要となります。サンプルケースを以下に記載しますので、ご参照ください。

ケース1)

10月3日に普通株主総会(参加株主10名)、A種優先株主総会(参加株主5名)、B種優先株主総会(参加株主2名)を開催する場合

■普通株主総会開催分の課金

¥980 × 10名 = ¥9,800(税込¥ 10,780)

■A種優先株主総会開催分の課金

¥980 × 5 + ¥14,800 = ¥19,700(税込¥ 21,670)

■B種優先株主総会開催分の課金

¥980 × 2 = ¥1,960(税込¥ 2,156)

*同日に2回以上の株主総会が開催されるため、条件2が適応となり、2回目の開催にあたるA種優先株主総会開催分に対してのみ、追加料金(¥14,800〈税込¥ 16,820〉)が必要となります。よって、3回目以降の同日開催分に対しては、追加料金は不要となります。

ケース2)

12月4日に普通株主総会(参加株主25名)、A種優先株主総会(参加株主20名)、B種優先株主総会(参加株主16名)を開催する場合

■普通株主総会開催分の課金

¥980 × 25名 + ¥14,800 = ¥ 39,300(税込¥ 43,230)

■A種優先株主総会開催分の課金

¥980 × 20 = ¥19,600(税込¥ 21,560)

■B種優先株主総会開催分の課金

¥980 × 16 = ¥15,680(税込¥ 17,248)

*条件1が適応となり、1回目の開催にあたる普通株主総会に対してのみ、追加料金(¥14,800 〈税込¥ 16,820〉)が必要となります。よって、2回目以降の同日開催分に対しては15名以上の参加株主ですが、追加料金は不要となります。

ご不明点ございましたら、お気軽に画面右下のメッセンジャーからご連絡ください。

回答が見つかりましたか?