はい、可能です。顧問を担当されている士業さま(弁護士、税理士、司法書士)へアカウントを付与することにより、ダッシュボードにアクセスできるようになります。そうすることにより、顧問を担当されている士業さまとのコミュニケーションの負担を軽減することができます。発行方法に関してはこちらをご確認ください。

回答が見つかりましたか?