各設定の情報は【マスタ設定】で確認ができます。上部メニューにあるギアアイコン(⚙印)>【マスタ設定】をクリックします。

また、在庫残高の移行は【在庫一覧】で行います。上部メニューの【在庫管理】>【在庫一覧】をクリックします。

1)在庫単価の計算方法・粒度の設定(部門マスタ)

2)在庫単価・数量の桁数設定(商品マスタ)

3)倉庫の設定

4)棚番号マスタ

5)在庫残高の移行方法

1)在庫単価の計算方法・粒度の設定(部門マスタ)

在庫単価の計算方法および粒度は、【部門】マスタの【在庫単価計算方法】および【在庫単価計算粒度】で設定します。

【在庫単価計算方法】は、【月次総平均法】【移動平均法】【最終仕入原価法】【個別法】から選択できます。【在庫単価計算粒度】は、【商品・SKU別】【商品別】から選択できます。

■ 在庫単価の計算方法・粒度の設定手順

  1. 【部門一覧】の業務メニュー【新規】より、新規の部門情報を入力する。

  2. 【在庫単価計算方法】、【在庫単価計算粒度】を設定し、【更新する】ボタンをクリック。

  3. 入力した情報に間違いがなければ【確定】ボタンをクリック。

※在庫数量は、部門・倉庫・商品・SKUの組み合わせごとに管理され、さらに細かく管理したい場合には、商品予備項目を設定します。


2)在庫単価・数量の桁数設定(商品マスタ)

在庫単価および数量の小数点桁数と丸め方法は、【商品】マスタで設定します。

※【数量小数桁数】は0~3、【在庫単価小数桁数】は0~6に設定可能です。
※金額(単価×数量)の小数点桁数は【通貨】マスタで0~2に設定可能です。

■ 桁数および丸め方法設定手順

  1. 【商品一覧】で編集したい商品をフォーカスし、業務メニュー【編集】をクリック。

    ※ 【状態】が【確定】の場合、該当設定の変更はできませんので、【削除】して【新規】で設定してください。

  2. 【基本情報設定】タブの【数量小数桁数】、【数量丸め方法】、【在庫単価小数桁数】、【在庫単価丸め方法】を設定し、【更新する】ボタンをクリック。

  3. 入力した情報に間違いがなければ【確定】ボタンをクリック。


3)倉庫の設定

倉庫は【取引先】マスタに設定します。自社の倉庫もしくは委託先倉庫を設定します。

■ 倉庫設定手順

  1. 【取引先一覧】の業務メニュー【新規】より、新規の倉庫情報を入力する。

  2. 【取引先種別】に【倉庫】を設定し、【更新する】ボタンをクリック。

  3. 情報に間違いがなければ【公開】ボタンをクリック。

※得意先の納入先として倉庫を設定する場合は、【取引先区分】に【納入先】を設定します。


4)棚番号マスタ

棚卸などのために、商品ごとに固定の棚番号を設定することができます。
倉庫・商品・SKUごとに【棚番号】マスタで設定します。

■ 棚番号設定手順

  1. 【棚番号一覧】の業務メニュー【新規】より、新規の棚番号情報を入力する。

  2. 【更新する】ボタンをクリック。

  3. 情報に間違いがなければ【公開】ボタンをクリック。


5)在庫残高の移行方法

在庫残高の移行は、【在庫一覧】で行います。
上部メニュー【運用情報】>【システムログ】をクリックします。

■ 在庫残高の移行手順

  1. 【在庫一覧】の業務メニュー【ファイル】>【インポート】をクリック。

  2. 【インポートファイル】子画面の【ファイルを選択】ボタンをクリック。

  3. 表示された子画面で、インポートファイル(xlsx形式)を選択し、【開く】ボタンをクリック。

  4. 【インポートファイル】子画面の【OK】をクリック。

※インポートの処理結果は【システムログ】で確認できます。

回答が見つかりましたか?