Saleshubで成果を上げるにはサポーターさんとの信頼関係を築くことが欠かせません。そのために必要となるのが、事前打ち合わせとそのための準備です。

こちらのヘルプページでは事前打ち合わせ当日の具体的なフローについてご説明します。

事前打ち合わせのための準備について知りたい方はこちら

事前打ち合わせでやること

  • 自己紹介をして、自分のことを知ってもらう

  • 自社サービスに対する想いを伝える

  • 自社サービスの概要や強み、ターゲット層について共有する

  • 事前にリサーチした企業へのお声がけをお願いする

  • いつ頃、お声がけいただけるか共有いただく

* サポーターさんに負担をかけないよう事前打ち合わせはなるべくコンパクトに行うことをおすすめします。

自己紹介をして、自分のことを知ってもらう

事前打ち合わせの段階ではサポーターさんはあなたのことをよく知りません。なので、いきなり事業についての説明からはじめるのではなく自己紹介から信頼関係を深めましょう。

これまでの経歴や担当業務などを通して人となりを知ってもらうことで、自社事業の説明にも厚みが生まれ、サポーターさんから「この人が担当している事業であればぜひ支援したい」と思ってもらうこともできるはずです。

*Saleshubで多くの紹介提案を集める企業の中には「自己紹介用の資料」をご準備の上、事前打ち合わせを行われる方もいます。

自社サービスに対する想いを伝える

Saleshubは「事業への共感」をきっかけにサポーターさんから「顧客紹介」という形でご支援いただけるサービスです。

そのため、自社事業の概要や強みをセールストークのように伝えるのではなく、「自分たちがどのような想いでサービスを広げてているのか」「どうして多くの企業に利用してほしいのか」などの想いをしっかりと伝えることが重要です。

自分のことや自分のサービスに対する思いが伝わることで、サポーターさんとの信頼関係も一層深まり、きっと貴社の力になってくれます。

自社サービスの概要や強みの説明する

事業内容はもちろん、魅力的なポイントやターゲット層などについても詳しく共有しましょう。その事業のメリットや魅力をサポーターさんにしっかりと伝えることは、サポーターさんと継続的に良い関係を築く上で重要なポイントです。

*複数の事業を展開されている場合でも、当日の事前打ち合わせに該当する事業内容のみを説明いただくようお願いします。

事前にリサーチした企業へのお声がけをお願いする

事前打ち合わせの前にリサーチした企業に対して、どういったメリットがあるのかという点や同業他社での導入事例などを交えながら、事前に作成した「お声がけのためのスクリプト」を共有して、お声がけをお願いしましょう。

いつ頃、お声がけいただけるか共有いただく

最後は「お声がけの日程」を決めましょう。あくまでも「いつ頃までに」という見立てで構いませんが、日程を決めておくことで、サポーターさんに対してプッシュのご連絡がしやすくなります。

サポーターさんとのリレーションを保ち続けることも重要なポイントです。お声がけ日程を確定するところまでをゴールに、事前打ち合わせをお願いいたします。

回答が見つかりましたか?