対象

  • 全ユーザー

概要

案件のフェーズ(進捗過程)には受注に値する最終フェーズ、失注に値する停止フェーズがあります。

ユーザーが最終・停止フェーズに案件を移行した経緯や理由を自由入力するデフォルト項目に加え、チームの管理方法に沿った独自の項目を作成しましょう。
チーム内で統一した項目リストで受失注案件を管理することにより、成功、失敗の理由を簡単に分析することができます。

案件一覧、案件ボードの絞り込み条件から最終・停止フェーズ理由による絞り込みが可能です。

案件タイプを利用しているユーザは案件タイプ毎に設定を管理していくことが可能です。

目次

アクセス方法

最終・停止フェーズ理由の活用方法
最終・停止フェーズ理由の入力イメージ

アクセス方法

メニュー > 管理者設定 > 案件 > 最終・停止フェーズ理由設定

 

 

最終・停止フェーズ理由の入力イメージ

回答が見つかりましたか?