対象

  • 全ユーザー

概要

目次

活用目的

レポートの見方

レポートから得られる示唆

活用事例

ご参考

 

活用目的

フェーズ進捗レポートでは期間内に変更された案件の数をフェーズ別に確認することができます。案件進捗管理を行うことで、リードタイムの短縮などセールスサイクルを高速化させるためにご活用いただくことができます。

レポートの見方

フェーズ進捗のグラフをクリック(ドリルダウン)して、案件の詳細を参照することが可能です。参照期間内の絞り込みや各絞り込み条件を選択してどの案件のフェーズが移行しているかを把握できます。

レポートから得られる示唆

フェーズ推移レポートでは案件進捗を可視化することができます。
可視化された案件の進捗は、案件管理時の判断材料となります。
たとえば、各案件に対して「次にとるべき適切な行動は何か」という示唆を得ることが出来ます。

活用事例

案件進捗管理のMTG時などにご活用いただくことが可能です。
フェーズ推移レポートを活用いただき案件進捗を可視化することで、案件の進捗状況をひと目で把握できます。
それにより、各案件のネクストアクションを設定して行動していくことで、受注までのリードタイムを縮小させていくことが可能となります。
具体的には、「今週の案件進捗はどうか?」「案件を動かすためにはどのようなネクストアクションを設定すればよいか?」といったコミュニケーションをチーム内で取っていただくことで、ネクストアクションを明確化しリードタイムを短縮することが可能です。
アクション数などの詳細はアクション推移レポートを見ることで把握が可能ですので、合わせてご活用いただくことでより案件進捗管理とアクションの管理を行うことができます。

ご参考

フェーズ進捗レポートのご説明は、こちらをご確認ください。

回答が見つかりましたか?