売上高と密接に関連する指標である平均客単価について、その言葉の意味と構成についてご紹介いたします。

客単価とは

客単価とは「一人のお客様が1回の取引で支払った金額」を表します。

複数の取引を合計し、取引回数で割った数値が平均客単価となります。

英語では(Average) Purchaseと表現します。

平均客単価を構成する要因

平均客単価は以下2つのKPIで構成されます。

①商品1点当たりの平均単価(=平均商品単価)

②1会計当たりの平均購入点数(=平均買上点数)

つまり平均客単価とは「1回の会計でいくらの商品が何点売れたかの平均を算出した数値」と言い換えることが出来ます。

※平均商品単価について詳しく知りたい場合はこちらの記事をご覧ください

※平均買上点数について詳しく知りたい場合はこちらの記事をご覧ください

平均客単価が影響を与える指標

店舗ユーザー様向けInsight活用提案-Google-スライド+(2).png (1669×761)

上記のスライドは各KPIが売上高に至るまでのフローを表した図となります。

売上高は「購入件数」と「客単価」から構成されており、この2つの指標で増減が決定する重要な指標です。

平均客単価が増加した場合、購入件数が増加・変わらずの場合は売上高が増加します。

反面、平均客単価が減少した場合、購入件数が増加しても売上高は減少する可能性があります。

このように平均客単価は売上高を構成するKPIと深い関係にあります。

平均客単価が影響を与える指標をしっかり理解し、店舗の現状を把握するためにデータを活用しましょう。

※売上高を構成するKPIについて詳しく知りたい場合はこちらの記事をご覧ください

回答が見つかりましたか?