売上の増減に直結する平均客単価を構成するKPIである平均買上点数について、その言葉の意味と構成についてご紹介いたします。

買上点数とは

買上点数とは「一人のお客様が1回の取引で購入した商品の点数」を表します。

複数の取引を合計し、取引回数で割った数値が平均買上点数となります。

平均購入点数やセット率、UPT(Unit Per Transaction)と同義です。

平均買上点数を構成する要因

平均買上点数は以下2つのKPIで構成されます。

①販売した商品総数(=販売点数)

②お客様が商品とお金を交換した回数(=購入件数)

平均買上点数は「一人のお客様が1回の取引で購入した商品の点数」を表す指標のため、点数で計測します。

※購入件数について詳しく知りたい場合はこちらの記事をご覧ください

平均買上点数が影響を与える指標

image.png (1647×862)

平均買上点数は平均商品単価と同様に「平均客単価」に影響を与えるKPIです。

平均買上点数が増加した場合、平均商品単価が増加・変わらずの場合は平均客単価が増加します。

反面、平均買上点数が減少した場合、平均商品単価が増加しても平均客単価は減少する可能性があります。

このように平均買上点数は売上を構成する平均客単価と深い関係にあります。

平均買上点数が影響を与える指標をしっかり理解し、店舗の現状を把握するためにデータを活用しましょう。

※平均商品単価について詳しく知りたい場合はこちらの記事をご覧ください

※平均客単価について詳しく知りたい場合はこちらの記事をご覧ください

回答が見つかりましたか?