マーケティング施策により集客をかけた際に、その施策が売上に繋がったのかを示す来店客1名当たりの売上について、その言葉の意味と構成についてご紹介いたします。

来店客1名当たりの売上とは

来店客1名当たりの売上は「対象期間内の売上高と来店客数を割る」ことで算出することが出来る指標です。ROV(Return on Visit)と同義で、弊社サイト上では「売上高/客数」と表現しています。

来店客1名当たりの売上の評価方法について

来店客1名当たりの売上は売上増加を目的とした店舗集客の施策実施により大きく影響を受ける指標です。

施策により来店客数が増加しても、売上が伸びないと施策効果は弱いと評価されます。

反面、施策実施により来店客数が増加し、来店客1人当たりの売上が変化しない、または増加した場合は効果があったと評価することが可能です。

回答が見つかりましたか?