株主総会の開催形式は2種類ございます。

1.委任状形式

株主が代理人を通じて議決権を行使する形式です。招集通知を送信し、委任状を回収する流れで実施します。

2.みなし決議形式(書面決議形式)

書面上のみで決議し実際に株主総会を開催する必要がないので、株主総会招集手続きを省略することができます。提案書を送信し、同意書を回収する流れで実施します。この際、株主全員の同意が必ず必要となります。

株主総会の開催方法

株主総会を開催するには、グローバルメニューの左端にある[株主総会を開催する]ボタン、 またはを緑色の同ボタンをクリックし、開催フローへ遷移します。

その後、みなし決議形式で開催するには、[みなし決議方式で開催する]をクリックしてください。

*実際の株主総会開催画面

<補足> 

・下書き保存または中止について

開催フローの途中で下書き保存する場合、もしくは入力内容を破棄する場合は、右上部にあるそれぞれのボタン[下書き保存]または[作業を中止して破棄]をクリックしてください。

関連記事

株主総会一覧

株主総会を完了させる/中止する

招集通知/提案書 を株主へ再送する

回答が見つかりましたか?