Google認証でSensesを利用されているユーザは、Chrome拡張機能をインストールすることで、GoogleカレンダーからSensesのアクションを登録することが可能です。

Googleカレンダーからスケジュールを新規作成する際や、作成済みのスケジュールに対してSensesを連携することで、2重入力の必要がなくなり、効率化を行うことができます。

 

事前準備

Chrome拡張機能をインストールしておく必要があります。インストールはこちらです。

 

GoogleカレンダーからSensesのアクション作成方法

1. Googleカレンダーの詳細ページを開きます。

Chrome拡張機能がインストールされていると、Sensesの画面が表示されます。

作成または更新するスケジュールをSensesのアクションとして登録したい場合、[Sensesと連携を確認する] のチェックをいれると、[Sensesと連携する]に切り替わり、案件とアクションの選択欄が表示されます。

2. 予定を登録、更新します

  • 案件を選択すると、取引先に設定されている住所が自動でセットされます。
  • ゲストに設定したユーザがSensesユーザとして登録されている場合、アクション担当者として追加されます。
  • カレンダーの説明は、Sensesのアクション事前メモに同期されます。
  • [カレンダータイトルに、上記アクション情報を入力]にチェックを入れると、「アクション種別-目的(案件名)」がタイトルにセットされます。

上記手順で登録されたアクションをSensesで参照したイメージ

 [注記]
Sensesへの反映にはタイムラグ(5分程度)がございます。すぐに反映させたい場合は、TOPページのカレンダー同期ボタンを押下してください。

回答が見つかりましたか?