対象

  • 全ユーザー

概要

SensesはGoogle Workspace(旧: G Suite) 、またはMicrosoft365(旧名称:Office 365)のアカウントによるサインインか、日々お使いのメールアドレスでサインインすることが可能です。

Google WorkspaceやMicrosoft365のアカウントでサインインした場合、普段の業務で利用しているグループウェアとSensesが自動連携を行うため、カレンダーや送受信したメール内容を探して共有するなどの入力作業や情報共有の時間を圧倒的に削減することが可能です。これにより、業務の効率化、情報共有の効率化、情報活用の効率化が実現されます。

サイン認証方法を変更したい場合はこちらの手順をご確認ください。

目次

認証方法の種類
メールアドレス認証

Google認証

Microsoft365認証

よくあるご質問

認証方法の種類

メールアドレス認証

メールアドレスとパスワードでサインインします。パスワードは下記パスワードルールに従ってサインイン画面でご自身で設定してください。

※パスワードルール

 ・アルファベットと数字の両方を利用する必要がある
 ・大文字小文字はどちらも利用可能
 ・全角文字は利用不可

 ・6文字以上20文字以下

メール取り込み機能(のちに手動で案件へ紐付け)とサイボウズガルーンカレンダーとの連携をご利用いただけます。

Google認証

Google(Google Workspace)のアカウントで認証します。

GmailとGoogleカレンダーとの連携をご利用いただけます。

Chrome拡張機能でGmailとSensesを連携する

Googleカレンダーと自動連携する

Microsoft365認証

Microsoft365のアカウントで認証します。

OutlookとMicrosoft365カレンダーとの連携をご利用いただけます。

Windows AddinでMicrosoft365のメール(Outlook)とSensesを連携する

Microsoft365カレンダーと自動連携する

 

 

よくあるご質問

Q.シングルサインオンに対応していますか?

Sensesそのものはシングルサインオン(SAML)には対応していません。
ただしGoogleおよびMicrosoft365のOAuth連携には対応しており、それら認証連携先のサービスがシングルサインオンに対応することで実質的にSensesもシングルサインオンでご利用いただくことが可能です。

回答が見つかりましたか?