対象

  • Growthプラン契約者

概要

ロールとは

「会社組織」の階層を定義するもので、ロール設定によりユーザーが組織のデータ参照できるレベルが決まり、データに対するデータ参照制限を行うことができます。

※メニューや一部機能のアクセス制限についてはプロファイルをご確認ください。

*ロールの設定は任意でございます。ただし、ロールを設定しない=全てのデータが参照可能という状態になります。

データ所有組織と上位組織(ロールに関わる設定)

ロール設定を行うと、Sensesの取引先の所有ロールが設定されます。ロールは階層構造で設定ができ、取引先の所有ロールの上位に位置づけられたロールを付与されたユーザーは下位ロールの取引先(と配下の案件、アクション、コンタクト)を参照することができます。

外部サービス連携(Sansan, Marketo)やOpenAPI、メール to 取引先/案件登録から登録される取引先の所有ロールは、初期は「未選択」となっています。所有ロールを変更するには、管理者設定からロールを設定してください

目次

ロールの設定方法

設定手順

 ➀ロール名の記入

②上位ロールの選択

 ③アクセスできる案件の選択

 ④ロールが所有する取引先を共有する


ロールの設定方法

メニュー >  権限設定 > ロール追加

からロール設定を行います。

設定手順


➀ロール名の記入
所属先のロール名を記入してください。


②上位ロールの選択


所属先ロールの上位ロールを選択します。


③アクセスできる案件の選択


アクセスできる案件タイプを選択します。
※ 下位ロールの案件タイプは自動的に継承されるため、未指定でも構いません。

④ロールが所有する取引先を共有する


所属のロールが所有する「取引先」を他ロールに共有することが可能です。取引先の共有方法は、参照のみ、 フルアクセス(参照、更新、削除が可能)から選択します。ただし、アクセスできる案件タイプは共有されませんので、案件タイプは 権限設定 > [ロール]タブ のアクセスできる案件タイプから設定してください。

共有先の他ロールを選択します。
取引先の共有方法を参照のみまたはフルアクセス(参照、更新、削除が可能)のどちらかを選択します

ユーザーからロールを外す方法
「メンバー管理」より、任意のメンバーのロールを「未選択」にし、フロッピーマークを押して保存することでロール設定を解除することができます。


取引先の参照・更新・削除の制限につきましては取引先所有ロールをご確認ください。


回答が見つかりましたか?