店内広告に関わるKPIは平均滞在時間購買率来店客数平均商品単価平均買上点数平均客単価購入件数来店率立寄り客など様々あります。

用途によっても異なりますが、例えばお客様が店外から店内広告を見た場合は、来店客数来店率立寄り客のKPIに関わります。

入店されてからは、お客様が広告を見てどのように反応したかになりますので、店内に関わるKPI全てに影響すると言ってもいいでしょう。

例えば広告のメッセージが「2つ購入したら10%OFF」という内容でしたら、まずお客様が商品を探す時間に関わってきますので、滞在時間に影響します。

そして、購入に至ったかどうかという判断材料としては購買率平均商品単価平均買上点数平均客単価購入件数と売上に関わるKPI全てに関連します。 各KPIの意味についてはこちらをご参照ください。

回答が見つかりましたか?