対象

  • 全ユーザー

概要

新しい案件を作成する際に、類似した既存の案件情報をそのままコピーすることが可能です。既存の案件を流用することで同じ情報を入力する時間を省いたり、同じ周期でアクションを行う際に効率的に過去の案件情報を流用したりすることが可能です。

案件を複製する際、「同一案件タイプのまま複製する場合」と「案件タイプをまたいで複製する場合」で、引き継がれる情報が異なります。ご注意ください。

目次

アクセス方法

①同一案件タイプにて複製する場合

②案件タイプを変更して複製する場合

ご参考

 

アクセス方法

複製したい案件情報画面  >  複製

①同一案件タイプにて複製する場合 

複製元案件からコピーできる情報

  • 案件基本項目(取引先、担当者、案件タイプ、フェーズ、商品、契約確度、チャネル、契約金額、契約予定日)

  • 案件詳細項目

  • 商品内訳

  • 案件に紐づくアクションの日付※

※案件を複製する際、起点日を選択すると、起点日に沿って元案件のアクションから日付が自動セットされます。アクションの日付を引き継ぐかは、任意となっております。

複製元案件からコピーできない情報

  • 案件に紐づくコンタクト

  • 案件に紐づくファイル

  • アクション事前メモ/実施結果(テンプレートは除く)

  • アクションコンタクト

②案件タイプを変更して複製する場合

複製元案件からコピーできる情報

  • 案件基本項目(取引先)

※案件タイプを切り替えて案件複製を行う場合、アクションの複製は出来ません。。

複製元案件からコピーできない情報

ご参考

  • 案件を複製する際、新規アクションを追加することも可能です。

回答が見つかりましたか?