対象

  • 全ユーザー

概要

Sensesでは、ユーザ単位でメールを取り込むためのメールアドレスを発行することが可能です。
発行したメールアドレスを使ってSensesに取り込まれたメール情報は、アクションとして案件に紐付けることができます。


発行したメールアドレスをメールのTO、CC、BCCのいずれかに指定して送信すると、メール本文、添付ファイル、TO、CCメールアドレスの情報が自動的にSensesに取り込まれ、案件アクションとしてのSenses登録が可能となります。


Sensesに取り込んだメールは自分宛(Sensesに登録しているメールアドレス宛)と、自分以外宛(同じチーム内の別ユーザのメールアドレス宛)で切り替えて表示することが可能です。
 
なお、Sensesに取り込まれたメール情報は90日間保存され、保存期間の90日を超えたメール情報は取り込みメールから自動的に削除されます。

※Sensesに取り込まれたメール情報のうち、アクションに登録したメール情報(添付ファイル等含む)は90日を超えても削除されません。

目次

メール自動取り込み手順

メール自動取り込み手順

アクセス方法

メニュー  > 個人設定 > メール取り込み

1. [作成]ボタンをクリックし、自動取り込み用のメールアドレスを発行します  

 

2. メール送信時に、TO、CC、BCCのいずれかに1のメールアドレスを指定し、送信します。  

 

3.Sensesのメール取り込みが完了すると通知がカウントアップされますので、取り込みメール一覧を開き、案件を紐付けたいメールを選択します。


 

4. 紐づけたい案件を選択し、各項目を入力して、[メールアクションを完了で登録]をクリックします。

 

案件にひもづけた該当メールは、案件情報>アクションタブにてメールアクションとしてご確認いただけます。

回答が見つかりましたか?