💡CSV一括登録するための手順

  • これまでに管理していたデータを準備する

  • これまでの管理項目をSensesの該当項目をマッピングする

  • Sensesからインポート用のデータフォーマットをダウンロードする

  • インポート用データを加工する

💡これまでに管理していたデータを準備する

Senses以外のSFAツールをご利用の場合は、データをエクスポートしましょう。

これまでに活用してたExcelやSpreadsheetなども用意しましょう。

💡既存データとSensesのマッピング

Sensesのデータ構造に合わせて、これまで管理していた項目をマッピングしましょう。

基本項目にあてはめ、足りない項目は詳細項目として独自に作成してください。

💡インポート用データ加工時の注意点

案件、コンタクトを一括登録する際には、取引先IDが必須になります。

取引先データを一括登録後、案件、コンタクト用の一括登録データを作成しましょう。

詳しい手順はコチラをご参照ください。

取引先ID貼り付け用フォーマットの使い方

①案件一括登録用(Excel):ダウンロードはコチラ

②コンタクト一括登録用(Excel):ダウンロードはコチラ

<案件一括登録用>

①取引先リストをダウンロードし、取引先ID貼り付け用フォーマットの「取引先リスト貼り付け用」のA~D列にコピー&ペーストで貼り付け

②案件一括登録用のフォーマットファイルをダウンロードし、取引先ID貼り付け用フォーマットの「案件一括登録用フォーマット貼り付け」の1行目にコピー&ペーストで貼り付けます。2行目B列以降のデータを入力します

③ファイルをCSV形式で保存します

<コンタクト一括登録用>

①取引先リストをダウンロードし、取引先ID貼り付け用フォーマットの「取引先リスト貼り付け用」のA~D列にコピー&ペーストで貼り付け

②コンタクト一括登録用のフォーマットファイルをダウンロードし、取引先ID貼り付け用フォーマットの「案件一括登録用フォーマット貼り付け」の1行目にコピー&ペーストで貼り付けます。2行目B列以降のデータを入力します

③ファイルをCSV形式で保存します

💡一括登録時の注意点

1.デモデータやテストデータは事前に削除しましょう

 取引先一括削除の方法はコチラ

2.同じファイルを何度もインポートしてしまった場合に、データが重複してしまいます

 一括登録で同じデータを2回入れてしまった場合、データはどうなりますか

データ移行で不明点がありましたら、チャットサポートよりご連絡くださいませ。

回答が見つかりましたか?