💡メンバー招待をするための手順

  • どのメンバーを招待するかリスト化しておく

  • メンバーの権限を決める

  • メンバーの認証方法を決める

  • メンバーを招待する

  • グループ管理を設定する

💡Sensesにおける権限設定について

権限設定を利用すると、ユーザごとに参照できるデータや利用できる機能を制限できるようになります。

Sensesには2種類の権限があり、

  • ロール(ユーザごとに参照できるデータを制御する)

  • プロファイル(ユーザごとに利用できる機能を制御する)

メンバーごとに設定することが可能です。

権限設定の詳細はコチラ

💡メンバーの認証方法について

Sensesをグループウェアと連携させて利用したい場合には、メンバー招待時に「サインイン認証方法」として選択をします。

サインイン認証方法の詳細はコチラ

サインイン認証方法を変更したい場合はコチラ

💡メンバーを招待する

メンバーごとに権限と認証方法が決まったら、Sensesから招待しましょう。

💡グループ管理を設定する

グループ管理を設定すると、各種検索やレポートでグループ毎に参照しやすくなります。

グループ管理の設定はコチラ

メンバー招待で不明点がありましたら、チャットサポートよりご連絡くださいませ。

回答が見つかりましたか?