売上推移レポート

過去時点の案件の状況を現在や特定期間と比較・確認できます。

今週アップデートされました

対象

  • 全ユーザー

概要

蓄積された案件の契約金額は、自動的に売上推移レポートで集計されます。
売上推移レポートのグラフをドリルダウン(クリック)すると、参照期間中に案件情報が更新された案件の案件基本項目(案件名、契約金額、フェーズ、契約確度、担当者、商品名、チャネル、契約予定日)の推移を時系列で確認することができます。

参照日と現在/過去時点(前回)でのリストの差分表示が可能なため、現在の進捗状況やどの時点で案件に変更があったのかを確認することで、チーム内の案件の全体感を把握しましょう。

アクセス方法

メニュー > 売上推移レポート

集計対象の変更

グラフの縦軸(y軸)の集計対象金額を「契約金額」、「計上金額(商品内訳)」別に切替えることが可能です。

横軸(x軸)は以下の基準で集計されます。

  • フェーズ別 :横軸(x軸)は契約予定日により集計

  • 確度別 :契約予定日に関わらず、商品内訳の初回計上日と期間により集計


参照期間

指定した期間内に案件情報が更新された案件を参照します。

参照期間は、表示するグラフの横軸(x軸)の範囲となります。

カレンダーから任意の日時を指定することが可能です。また、表示単位の「日次」、「週次」、「月次」を選択することで自動的にFrom-Toの切り替えができます。

契約予定日

集計対象の案件を契約予定日で絞り込むことが可能です。

ドリルダウン

表示されたグラフをドリルダウン(クリック)すると、グラフを構成する案件が表示されます。ドリルダウンした時点の案件の構成比率分析を行うことが可能です。

表示項目:案件名、取引先、契約金額、フェーズ、契約確度、担当者、商品名、チャネル、契約予定日


参照日とは

表示単位に応じてそれぞれ下記が参照日となります。

日次:ドリルダウンした日

週次:ドリルダウンした週の金曜日

月次:ドリルダウンした月の末日


参照日時点の案件

ドリルダウンしたグラフを構成する案件が表示されます。

参照日から前回との差分

前回とは、ドリルダウンしたグラフの左隣のグラフの集計対象の末日を指します。
「表示単位」ごとに異なり、選択する単位によりそれぞれ下記が前回となります。
ドリルダウンしたグラフと、前回との契約金額差分と割合、変更点が表示されます。

日次:参照日の前日
週次:参照日の前週の金曜日
月次:参照日の前月の最終日


現在から参照日との差分

ドリルダウンしたグラフと、今現在との契約金額差分と割合、変更点が表示されます。

データダウンロード

表示されたデータをCSVでダウンロードすることが可能です。

こちらの回答で解決しましたか?