すべてのコレクション
キャンペーン
Mazricaでメールを作成して一斉配信する
Mazricaでメールを作成して一斉配信する

キャンペーン機能を活用し、リストに対してメールを一斉送信できます。

一週間前以上前にアップデートされました

対象

  • オプション(メール一斉配信機能)契約者

概要

Mazricaでは指定したコンタクト群(リスト)に作成したメールを一斉送信することができます。

よく使う言い回しなどはテンプレート登録し、メール作成の工数削減を図りましょう。

HTMLメールを送信した場合、メールの開封率及びクリック率が確認可能です。送信メールの効果測定はこちらをご確認ください。リストの作成方法はこちらをご参照ください。

ステップメールを送る場合にはオートメーション機能の契約が必要となります。具体的な操作方法はこちらをご参照ください。ご不明な点は右下のチャットサポートまでお問い合わせください。

アクセス

メニュー > キャンペーン >  キャンペーン登録or該当キャンペーンタイトル > 新規メール作成 

手順

1. メールを作成する

Step1:基本設定
基本情報を入力してください。

  • 件名

  • 差出人名

  • 送信元メールアドレス

  • 返信先メールアドレス

※上記はそれぞれひとつずつ入力可能です。複数メールアドレスの入力はできかねます。

※送信元メールアドレスのメールドメインはこちらで設定が可能です。

※返信先メールアドレスの設定がない場合は、受信者からの返信メールは送信元メールアドレスへ送られます。

Step2:送信内容

送信するメールの種別、本文、添付ファイルを設定します。

送信メール種別

テキストメール・HTMLメールの選択をしてください。

※両方選択した場合、受信者の設定に沿って、テキストまたはHTMLメールが送信されます。
受信者がテキストメールの受信のみ許可をしている場合、HTMLメールのみを送信すると、本文の内容が崩れたり、空メールが送信されてしまいますのでご注意ください。

※開封率及びクリック率はHTMLメール送信時のみ測定可能です。

本文への差し込み項目を取得

コンタクトの氏名や取引先名、配信停止URLなどの情報を、メールの本文および件名に差し込むことができます。
本文および件名に「差し込み値」を入力することで、メール受信者に応じて、適切な項目名が出力されます。

例:それぞれのコンタクト名を、メールに差し込む場合

  1. 「差し込み項目」で「コンタクト-名前」を選択すると、「差し込み値」として「%ContactName%」が出力されるので、それをコピーします。

  2. 下記のように、名前を表示したい箇所に「%ContactName%」を入れます。
    『%ContactName%様、お世話になっております。』

  3. それぞれのコンタクトの名前に合わせて、下記のように項目が出力されて届きます。
    『田中様、お世話になっております。』
    『佐藤様、お世話になっております。』

本文作成

テキストメール・HTMLメールの本文を作成します。

※配信停止URLは、配信停止項目として「差し込み項目」から取得し、必ず一つ以上配置してください。
配信停止URLが配置されていない場合、メールを保存・送信をすることはできません。

※Cookieポリシーの配置を推奨いたします。詳細はこちらをご参照ください。



テンプレート

本文作成画面では、テキストメール・HTMLメールにそれぞれテンプレート文を保存登録、呼び出し選択することができます。
テンプレートを利用することで、複数のキャンペーンにおいて、効率良くメール本文を作成することが可能となります。
保存されたテンプレートは、「テンプレート選択」をクリックして「本文に反映」を選択するとを呼び出すことができます。


添付ファイル

メールに添付したいファイルを選択できます。添付ファイルのファイル数に上限はありません。合計10MBまで添付が可能です。

添付可能拡張子: png, jpg, jpeg, pdf, docx, doc, xlsx, xls, pptx, ppt


Step3:送信設定

送信メール設定

送信日時を設定します。下記いずれかを選びます。
・すぐに送信
・日時を指定して送信
 ※日時を指定して送信する場合、送信日時の60分前までは送信キャンセルが可能です。

テスト送信設定

「テスト送信ボタン」で、指定したメールアドレスにテストメールを送信できます。
メールの内容の誤りや、表示崩れを確認できます。

2.送信メールを効果測定する

メールを送信したあとは、メールによる効果がどのくらいあったのかを把握しましょう。

メール一覧

「メール一覧」では、下記の項目を確認できます。

  • 送信数

  • エラー数

  • 合計開封数(=受信者がメールを開封した回数)

  • ユニーク開封数(=メールを開封した受信者の数)

  • 開封率(=ユニーク開封数 / 送信数)

  • 合計クリック数(=受信者がメール内のリンクをクリックした回数)

  • ユニーククリック数(=メール内のリンクをクリックした受信者の数)

  • クリック率(=ユニーククリック数 / 送信数)

  • 本キャンペーンを配信停止

  • 全て配信停止


送信結果一覧

各項目は別タブで開くことができます。送信結果種別(送信済み、エラー、未開封、開封済み、未クリック、クリック済み、本キャンペーンを配信停止、全て配信停止)を選択し、該当コンタクトを表示させることも可能です。こちらのリストをダウンロードすることで、「未開封者リスト」なども作成できます。

表示された送信結果・カラム・コンタクトID・取引先IDのCSVダウンロ―ドが可能です。

各項目の定義について

下記例示をご参照ください。

例)1名のコンタクトに対し2つのURLが含まれたメールを1通送る。そのコンタクトが、メールを3回開き、2つのURLを4回ずつクリックした場合。

  • 合計開封数:3

  • ユニーク開封数:1

  • 開封率:100%

  • 合計クリック数:8

  • ユニーククリック数:1

  • クリック率:100%

※ユニーク開封数/ユニーククリック数より、送信したメールを開封/クリックしたコンタクトをご確認いただけます。

※開封数とクリック数が異なる理由はこちらをご確認ください。

※「メール一斉配信機能」をご利用いただく場合、別途料金が発生いたします。

右下のチャットより、お気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問

Q.受信者がテキストメールとHTMLメールのどちらも受け取れる設定をしていた場合はどうなりますか?

HTMLメールが優先的に受信されます。

Q. メール配信はリストを作成したときに表示されたコンタクトを対象に送信されますか?

いいえ。メール配信する日時の1時間前のリスト条件に合致するコンタクトを対象とします。

(送信日時が現在から1時間以内の場合は、予約配信を登録した時点での、リスト条件に合致するコンタクトを対象とします)

Q.差し込み項目で取引先名を利用する場合の注意点はありますか?

取引先情報に異なるメールアドレスドメインのコンタクトが紐づいてしまっている場合、該当コンタクトには異なって紐づいている取引先名を表示してメールが配信されてしまいます。

差し込み項目で取引先名を利用する際は、事前に取引先情報画面のコンタクトタブを一度ご確認ください。

Q.キャンペーンの件名に差し込み項目を使用することは可能ですか?

可能です。テスト送信の件名にも差し込み項目をご利用いただけます。

Q.お客様からすべてのキャンペーンメールの配信を停止するよう連絡をいただきました。操作方法を教えて下さい。

該当のお客様のコンタクト情報から「全ての配信停止」を選択して設定してください。
詳しい操作方法はこちらをご参照ください。

Q.配信停止を解除することはできますか?

特定電子メール法により、受信者が一度配信停止を選択した場合、運営者がそれを変更することはできません。ただし、運営者が配信停止を行った場合はコンタクトにて、配信停止を解除することができます。
受信者が再購読したい場合は、過去にMazricaから配信したメール文末の「メールの配信停止または再購読を行う場合は、こちら。」のリンクをクリックしてください。
なお、「本キャンペーンの配信停止」を選択した受信者には、別キャンペーンのメール配信は可能です。

Q.オプトアウトされたコンタクトはどうなりますか?

Mazrica上では、ユーザーがマーケティングメールの配信停止をした際に

配信停止済みコンタクトで確認することが可能です。

詳しくはこちらでご確認ください。

こちらの回答で解決しましたか?