対象

  • 全ユーザー

 

概要

目次

活用目的

レポートの見方

レポートから得られる示唆

活用事例

ご参考

活用目的

アクション予測レポートでは、特定の期間において予定されているアクションと完了したアクションの量を確認することができます。
営業パーソンが行うアクションは常に案件に関係しています。
つまり、「しっかり適切なアクションをすればするほど案件を受注に導くことができる」と言い換えることができます。
そこで、「過去にはどのくらいの量のアクションを行ったのか?」「案件に対してしっかりとアクションが予定されているか?」を確認することが大切です。

レポートの見方

アクション予測レポートでは「予定されている/すでに行われたアクションがどのくらいあるか」を確認することができます。

レポートから得られる示唆

先述の通り、アクション予測レポートでは「完了したアクション」と「予定されているアクション」がそれぞれどのくらい作成されているのかを確認することができます。

完了したアクションがどのくらいあるのかを見て、アクション量が減っていないかを確認します。
また、どのような種別のアクションをしたのかの内訳を把握し、より生産性を高めることができないかを検討します。

また、予定されているアクションの量は将来の売上を左右します。
なぜなら、売れる営業マンは商談をコントロールするためのスケジューリングを行うからです。
案件をしっかりとフォローできているか確認することは大切です。

活用事例

上司から予定について聞かれたときにパッと答えることができるでしょうか?
そんな場面にアクション予測レポートが役に立ちます。

営業パーソンにとって数字をつくることはとても大切です。
「来月はどうなりそうか?」という問いに対してなんとなく感覚的に答えるのではなく、ファクト(事実)ベースでの回答を用意しておくことは営業パーソン自身の信頼にも繋がります。
しっかりと案件を受注に繋げられそうかどうかの根拠を示してくれるのがアクション予測レポートです。

ご参考

アクション予測レポートの説明は、こちらをご確認ください。

回答が見つかりましたか?