対象

  • 全ユーザー(Google認証のみ)

概要

Chrome拡張機能にてGmailとSensesを連携した場合、アクションテンプレートを設定することでメール本文にテンプレートを反映させることができます。

目次

アクセス方法

手順

よくあるご質問

アクセス方法

メニュー > 管理者設定 > アクション > アクションテンプレート

手順

テンプレートを設定したい対象のアクションを取引先アクション案件アクションコンタクトアクションから選択します。

案件アクションの場合は、

  • 案件タイプ(案件タイプ設定利用者のみ)

  • アクション種別:メール

  • アクション目的:任意

を選択し、実施結果にメール送信文として差し込みたいテンプレートを入力しましょう。

■よくあるご質問

Q.メール本文の冒頭に必要のない文言が勝手に入ってしまう

面談などに設定したアクションテンプレートがメールアクションにも設定されている可能性があります。

削除したい対象となる案件タイプ(案件タイプ設定利用者のみ)とアクション種別ー目的を選択し、実施結果の文章を削除しましょう。

Q.メール本文からテンプレートを消してしまったので、再度テンプレートを反映させたい

テンプレートを誤って消してしまった場合、「テンプレート追加」ボタンをクリックすると、任意の位置に再度テンプレート内容を追加することが出来ます。

検索用ワード:メールテンプレート

回答が見つかりましたか?