Google認証でSensesを利用されているユーザーは、Chrome拡張機能をインストールすることで、メール内容を自動的にSensesに登録することが可能です。
ユーザーはGmail画面内の操作だけで、メールの内容をSensesへ連携でき、自動的に情報が蓄積されていきます。報告のためにSenses上で内容を入力し、口頭で補足する手間を省くことができます。

 

GmailをSensesに連携する方法

以下の2つのタイミングでSensesに連携することができます。

  • メール送信ボタンをクリックする際に連携する
  • 送信後にアクション登録するメールを選んで連携する
  • 受信したメールをそのまま連携する

 

Chrome拡張機能のインストール手順

1. Chromeブラウザから以下のURLにアクセスし、インストールします。

https://chrome.google.com/webstore/detail/senses/ahiceflobaihbfkdgfammhjpapcchkci?hl=ja&gl=JP

 

2. Gmailを開きます。

※既にGmailを開いている場合はリロードします。

 

Chrome拡張機能の機能一覧

 ※Sensesの開封通知ONの状態でメールを送信していても、相手方でhtmlメールに対応していないメーラーをお使いの場合は開封が通知されません。

 

メール送信ボタンをクリックする際に連携する

1. Gmail新規作成 または Gmail返信ボタンから、メール宛先を入力します。

TO, CCに指定したメールアドレスが自動的にコンタクト、アクションコンタクトにセットされます。
コンタクトとアクションコンタクトは、メールアクションに紐付きますので、該当案件に関係している顧客のコンタクトをここで指定することが可能です。
 ※送信者と同じドメインのメールアドレスはチェックが外れた状態で表示されます。

2. 取引先を選択します。

コンタクトにセットされたメールアドレスをもとに、Sensesに登録された取引先の中からコンタクトが紐づいている取引先が表示されます。
Sensesにまだ登録されていない取引先の場合は、拡張機能上で取引先を作成することも可能です。

 

3. 案件を登録します。

手順2で紐づけた取引先に案件が存在する場合には自動的に表示されます。
案件が複数ある場合は、直近でアクション作成された案件が表示されますが、プルダウンで変更が可能です。
またSensesに案件が登録されていない場合は、拡張機能上で案件を作成することも可能です。

 

4. アクションを作成します。

作成するアクションは、メールの目的に応じて選択します。既にメールアクションが存在する場合には、自動的に表示されます。

 

Sensesへメールを自動登録する場合、開封通知を取得する場合

Sensesに連携せずにメールを送る場合

Senses連携をOFFにすると連携されずにメールを送ることが可能です。

※Senses連携をOFFにすると、メール通知もOFFになります


取引先更新の操作イメージ

 

受信したメールをそのまま連携する

1. Gmailの画面でSensesに連携したいメールをクリックします。

 

2. アクションコンタクト、取引先、案件を選択します。

 

3. アクションを選択して、Sensesへメール内容を連携します。(本文、添付ファイルも連携されます)

■備考(開封通知について)
開封通知は、CCに登録された方が開封した場合も、通知されます。
通知の()部分の数字は、閲覧数となります。

表示件数は過去20件のみです。(過去20件より前の通知を遡り表示させることはできません)

 

回答が見つかりましたか?