対象

  • 全ユーザー

概要

取引先一括登録案件一括登録と同様に、他のツールで管理されていた既存の顧客情報も一括登録が可能です。
登録するコンタクト情報は取引先IDをキー情報にして取引先に紐付くため、事前に取引先が登録されていることをご確認ください。フォーマットファイルに取引先IDを入力することで既存取引先とコンタクトの紐づけが可能となります。

CSV一括登録・更新機能は管理者ユーザーのみ利用できます。

※ 取引先IDとの紐づけにはVLOOKUP機能が便利です。コンタクト一括登録用(Excel)フォーマットはコチラ

コンタクト情報は登録時の重複検知機能および登録後の全件一括削除機能はありません。重複登録した場合は個別にコンタクト一覧からの削除コンタクト統合名寄せのいずれかの対応が必要となるため、登録前に重複コンタクトは削除しておくことをお勧めいたします。

※一括登録できる件数は最大5,000件までとなります。5,000件を超える場合は、複数回に分けて実行してください。

※項目(メモ)の入力可能文字数:65,535文字

※取引先IDの入力は必須ではありませんが、空白でアップロードした場合には取引先と紐付きません。

アクセス方法

メニュー > 一括登録・更新 > 一括登録タブ > コンタクト一括登録

 

コンタクト一括登録の手順

1.Sensesにコンタクトを一括で登録するために、フォーマットファイルをダウンロードします。

※列自体は削除しないでください。削除した場合、アップロード時にエラーとなります。

2.フォーマットファイルに必要事項を入力し、保存します。

【注意事項】

  • 取引先にコンタクトを紐づける場合は必ず取引先IDを入力してください。

  • 取引先ID、取引先リストは、取引先リストを参考に入力してください。

  • 取引先詳細項目で設定した内容は、チーム設定ファイルを参考に記入してください。

  • 取引先リスト、チーム設定ファイルは、コンタクト一括登録画面からダウンロード可能です

  • 複数の選択肢(チェックボックス)を登録する場合はこちらをご参照ください。

3. ファイルの記入が終わったら、アップロードします。

[ファイルを選択]ボタンをクリックし、ファイル選択、または該当ファイルを枠内にドラッグ&ドロップでもアップロードが可能です。

コンタクトの一括登録更新はこちら、「チェックボックス/ラジオボタンの値が不正です」というエラーが表示された場合はこちらをご参照ください。

■よくあるご質問

Q 「ヘッダー情報が変わっています」というエラーが表示され登録ができませんでした。

ダウンロードしたフォーマットファイルの1行目の項目の削除・編集・並び替えなどを行うとSensesのデータベースと照合できずこちらのエラーが表示されます。フォーマットファイルの項目はそのままご利用ください。

回答が見つかりましたか?