対象

  • 全ユーザー(Google認証のみ)

概要

Chrome拡張機能をインストールし、アクション登録するメールを選択することで、メール内容を自動的にSensesに連携登録することができます。
Gmail画面内の操作だけで、メールの内容を任意の案件アクションコンタクトアクションとしてSensesへ登録でき、自動的に情報が蓄積されていきます。

目次

Chrome拡張機能のインストール手順

GmailをSensesに連携する方法

連携手順:メールを送信する際に連携する

連携手順:送信済みメールを選んで連携する・受信メールを選んで連携する

Chrome拡張機能の機能一覧

注意事項

よくあるご質問

Q.これまでのやりとりを全て実施結果に反映させる方法を教えてください

Q.開封通知はどこで確認できますか?

Chrome拡張機能のインストール手順

1. Chromeブラウザから以下のURLにアクセスし、Chrome拡張機能をインストールします。

https://chrome.google.com/webstore/detail/senses/ahiceflobaihbfkdgfammhjpapcchkci?hl=ja&gl=JP

※Chrome拡張機能をインストールしたけれどサインインが出来ないという場合にはこちらをご確認ください。

2. Gmailを開きます。

下図のように画面右端にSenses拡張機能が表示されていたら、インストール完了です🎉

※既にGmailを開いている場合はリロードしてください。

 

GmailをSensesに連携する方法

以下の3つのタイミングでメール内容をSensesに連携することができます。

メールを送信する際に連携する

1. Gmail新規作成 または Gmail返信ボタンから、メールの宛先・件名・本文を入力します。

TO, CCに指定したメールアドレスが自動的にコンタクト、アクションコンタクトにセットされます。
コンタクトとアクションコンタクトは、メールアクションに紐付きますので、該当案件に関係している顧客のコンタクトをここで指定することが可能です。
 ※送信者と同じドメインのメールアドレスはチェックが外れた状態で表示されます。そのため同じドメインのメールアドレスを利用する自社内の担当者が自動でアクションコンタクトとして登録されることはありません。

2. 取引先を選択/新規登録します。

コンタクトにセットされたメールアドレスをもとに、Sensesに登録された取引先の中からコンタクトが紐づけられている取引先が表示されます。
Sensesにまだ登録されていない取引先の場合は、取引先を新規登録しましょう。

既存の取引先を検索する場合は、2文字以上の検索ワードを入力してください。

 ※取引先情報の更新も可能です。


3. アクション登録先を選択/新規登録します。

案件アクションとして登録する場合

手順2で紐づけた取引先に案件が存在する場合には、既存案件が自動的に表示されます。
案件が複数ある場合は、直近でアクション作成された案件が表示されますが、プルダウンで変更が可能です。メールアクションを紐づけたい案件を選択しましょう。
またSensesに案件が登録されていない場合は、拡張機能上で案件を作成することも可能です。

コンタクトアクションとして登録する場合

コンタクトを選択しましょう。

 

4. アクションを選択/新規登録します。

作成するアクションの目的を、メールの内容に応じて選択します。既にメールアクションが存在する場合には、自動的に表示されます。

※アクション新規作成ボタンを押下し、送信しなかった場合にはSensesに予定アクションとして登録されます。

 

5. メールを送信します。

①Sensesへメール内容を自動登録する&開封通知を取得する場合

[Sensesメール開封通知]・[Senses連携]をどちらもONにしてください。

開封通知は、CCに登録された方が開封した場合にも、通知されます。
通知の()内の数字は、閲覧数となります。

表示件数は過去20件のみです。(過去20件より前の通知を遡り表示させることはできません)

image.png (3344×1414)

※Sensesの開封通知ONの状態でメールを送信していても、受信者がhtmlメールに対応していないメーラーをお使いの場合は開封が通知されません。

※自身にメールを送信した場合は開封通知は届きません。

②Sensesにメール内容を登録せずメールを送る場合

Senses連携をOFFにするとアクション登録されることなくメールを送ることができます。

※Senses連携をOFFにすると、メール通知もOFFになります

※送信ボタンが押せない場合はこちらをご確認ください。

送信済みメール / 受信メールを選んで連携する

1. Gmailの画面でSensesに連携したいメールをクリックします。

 

2. アクションコンタクト、取引先、案件を選択/新規登録します。

 

3. アクションを選択/新規登録して、Sensesへメール内容を連携登録します。(添付ファイルも登録されます)

Chrome拡張機能の機能一覧

注意事項

  • Chrome拡張機能について

Google連絡先に登録されている姓、名どちらかに「<>」で囲まれた文字列がある場合、emailアドレスが正しく取得できない場合があります。その対象コンタクトは、Sensesのアクションコンタクトには登録されません。

対策として、Google連絡先で、「<>」を削除することで正しく登録されるようになります。

よくあるご質問

Q.返信メールをSensesに連携登録する場合、これまでやりとりしているメール全件をアクション実施結果に反映させることはできますか?

返信メールの本文にて「…」をクリックし履歴全文を表示させることで、それまでのやりとりをすべて登録することが可能です。

Q.開封通知はどこで確認できますか?

画面右上の拡張機能よりご確認ください。

 

回答が見つかりましたか?