対象

  • オプション(オートメーション)契約者

概要

オートメーションとは、Senses上でデータ操作やメール送信、情報通知などを自動化できる機能です。

コンタクトによる自社ホームページの閲覧や一斉配信メールの開封、コンタクト情報の更新などに応じて以下のような処理を自動的に行うことが可能です。

  • リードスコアリング(見込み顧客へのスコアリングを増減する)

  • ステップメール(条件を満たすコンタクトへメールを送信する)

  • Slackなどチャットツールへの情報自動通知

  • コンタクトのライフサイクルステージ管理(ライフサイクルステージをコンタクトの動向と自動連携する)

メール一斉配信機能フォーム機能アクセス解析機能のいずれかをご契約のユーザーは、オートメーション機能と組み合わせることでコンタクトへの的確なマーケティング/営業活動が可能となります。

オートメーションは、トリガーブロック・ルールブロック・オペレーションブロック・終了ブロックという、各ブロック(挙動を指定する項目)を選択・配置して作成します。
一度、オートメーションを有効化すると、トリガーブロックで設定された条件を起点に、無効化されるまで自動処理を続けるため、事前の計画が重要です。オートメーション作成例を参考に、自社に必要なオートメーションを設定しましょう。

※オートメーション作成数、ルール/オペレーションブロックの設定数に上限数はありません。

目次

アクセス方法

作成方法

作成の注意点

用語解説

 トリガーブロック:オートメーションの処理を開始するための起点となる要素

 ルールブロック:オートメーションを分岐させるブロック

 オペレーションブロック:データ更新や外部サービスへの連携などの処理実行をするブロック

 終了ブロック:オートメーションを終了するブロック

オートメーション機能に関する制限について

よくあるご質問
Q.配置したすべてのブロックを画面上に表示させたいです。
Q.絶対パスとはなにですか?
Q.リードスコアリングの設定方法を教えてください。
Q.「コンタクトの更新」はコンタクトのCSV一括更新、コンタクト一覧からの「一括更新」は対象となりますか?
Q.サイトアクセストリガーブロックで使用するには、アクセス解析オプションが必要ですか?
Q.フォームを送信トリガーブロックで使用するには、フォーム機能の契約が必要ですか?
Q.「メール開封」「メールをクリック」トリガーブロックで使用するには、キャンペーン(メール一斉配信)機能の契約が必要ですか?
Q.マルチパートメールは送信できますか?
Q.APIから実行されたデータ更新でオートメーションは実行されますか?

アクセス方法

メニュー > オートメーション

作成方法

  1. 「+新規オートメーション作成」をクリックする

  2. 名前(50文字以下)とメモ(任意・100文字以下)を記載しロールを選択して「登録」をクリックする

  3. トリガーブロックを設定する※1つのみ設定可能

  4. ルールブロックとオペレーションブロックを設定する

  5. 終了ブロックを設定する

  6. 各ブロックの接続ポイント(ブロック上下の「・」)をクリックし配置した全ブロックをコネクション(接続線)でつなぎ合わせる

  7. 「保存」をクリックして有効化する

作成の注意点

  • Sensesで繰り返し行っているまたは、これから行いたい作業か

  • コンタクトに必要以上にメールが送信されることにならないか(迷惑メールと想定されないように)

  • 他のオートメーションで同じような自動化を行っていないか

  • 同内容のブロックを設定していないか

    例:「未設定と等しくない」と「は未設定ではない」は同じ挙動になる

用語解説

オートメーションはブロックというオートメーションの処理を構成する要素を組み合わせて作成します。ブロックは4つの種類が存在します。

ブロック種類

用途

トリガーブロック

オートメーションの処理を開始するための起点となる要素

ルールブロック

オートメーションを分岐させるブロック

オートメーションブロック

データ更新や外部サービスへの連携などの処理実行をするブロック

終了ブロック

オートメーションを終了するブロック

ブロック同士はコネクション(ブロック同士を接続するライン)で接続します。

トリガーブロック:オートメーションの処理を開始するための起点となる要素

トリガーブロックには下記5種類があります。「ウェブサイトにアクセスされたとき」を選択する場合には絶対パスの設定が必要です。

  • コンタクトが更新されたとき

  • フォームが送信されたとき フォーム機能契約者のみ利用可能です

  • メールが開封されたとき 

  • メールの本文にあるURLがクリックされたとき

  • ウェブサイトにアクセスされたとき アクセス解析機能契約者のみ利用可能です

    • 絶対パス(トリガーの起点としたいURLなどの文字列、詳細はこちら

      • 絶対パスは指定しない(ウェブサイトに設定したURLにアクセスした際にトリガーが実行される)

      • 「は次の値と等しい」(入力欄に「/senses/index.html」 と入力した場合、/senses/index.htmlにアクセスされた際にトリガーが実行される)

      • 「は次の値から始まる」(入力欄に「 /senses/」と入力した場合、ウェブサイト内のsenses以下の全てのURLにアクセスされた際にトリガーが実行される)

      • 「は次の値を含む」(「senses」と入力した場合、ウェブサイト内の「senses」が含まれるURLにアクセスされた際にトリガーが実行される)

ルールブロック:オートメーションを分岐させるブロック

コンタクト項目を利用して処理を分岐します。コンタクト基本項目および詳細項目より選択できます。

1.「株式会社マツリカの、営業部の、部長以外」で分岐する

項目

はい(AND:全て一致)

いいえ(OR:1つ以上が一致)

取引先

「株式会社マツリカ」と等しい

「株式会社マツリカ」と等しくない

部署

「営業部」と等しい

「営業部」と等しくない

役職

「部長」と等しくない

「部長」と等しい

2.「株式会社マツリカで、ライフサイクルステージが設定済み」で分岐する

項目

はい(AND:全て一致)

いいえ(OR:1つ以上が一致)

取引先

「株式会社マツリカ」と等しい

「株式会社マツリカ」と等しくない

ライフサイクルステージ

設定済みである

未設定である

オペレーションブロック:データ更新や外部サービスへの連携などの処理実行をするブロック

オペレーションブロックには下記4種類があります。

  • コンタクトを更新

  • Slackに通知

  • メールを送信

  • Microsoft Teamsに通知

オペレーションブロックでは差し込み項目の使用が可能です。差し込み項目を使うことで、オートメーション内でトリガーとなったコンタクト項目をオペレーションブロック内でテキスト文字として利用できます。

差し込み項目についての詳細はこちらをご参照ください。

終了ブロック:オートメーションを終了するブロック

設置したでオートメーションの処理が終了します。

オートメーション機能に関する制限について

削除

下記オートメーションは削除できません。

  • ステータス:有効

有効オートメーション数

同時に有効にできるオートメーシ数は、30個です。

よくあるご質問

Q.配置したすべてのブロックを画面上に表示させたいです。

A.「全ブロック表示」をクリックしてください。画面左端の各ボタンにて画面の拡大縮小、全ブロック表示、ブロック配置の固定/解除が可能です。

Q.絶対パスとはなにですか?

A.「パス(Path)」とは経路を指します。絶対パスは、どのパーツも補う必要がない「完全な」URL のことを指します。例)サイト名「MAとSFA連携でマーケティング・営業を強化する方法」のURLが

https://product-senses.mazrica.com/senseslab/sfa/sfa-maだった場合、

https://product-senses.mazrica.com/senseslab/sfa/sfa-maが完全なURLとなります。一部が欠けていたり途中で終わっている場合には完全とは言えないため絶対パスではありません。

Sensesのプロダクトサイトおよび、プロダクトサイト内のビジネスナレッジメディアSenses Lab.のSFA活用案内ページのひとつである「MAとSFA連携でマーケティング・営業を強化する方法」で具体例をご案内します。

プロダクトサイトトップページURL

https://product-senses.mazrica.com/

「MAとSFA連携でマーケティング・営業を強化する方法」ページURL

https://product-senses.mazrica.com/senseslab/sfa/sfa-ma

トリガーhttps://product-senses.mazrica.com

→https://より右に存在する/の手前までの文字列を記入します

絶対パスは指定しない

ウェブサイトに指定したURL(https://product-senses.mazrica.com)にアクセスした場合のみトリガーが実行されます。

「は次の値と等しい」

入力欄に「/senseslab/sfa/sfa-ma 」 と入力した場合、https://product-senses.mazrica.com/senseslab/sfa/sfa-ma にアクセスされた際にトリガー実行されます。

Senses Lab.内の「MAとSFA連携でマーケティング・営業を強化する方法」ページ以外へのアクセスではトリガーが実行されません。

「は次の値から始まる」

入力欄に「/senseslab/」と入力した場合、プロダクトサイト内の/senseslab/以下の全てのURLにアクセスされた際にトリガーが実行されます。

Senses Lab.は全てURLに/senseslab/を含んでいるため、すべてのSensesLab.内のページへのアクセスでトリガーが実行されます。

「は次の値を含む」

「senseslab」と入力した場合、ウェブサイト内の「senseslab」が含まれるURLにアクセスされた際にトリガーが実行されます。

プロダクトサイト内にはSenses Lab.以外にもsenseslabという文字列を含むURLをもつページが存在するため、Senses Lab.以外のアクセスでもトリガーが実行されます。

Q.リードスコアリングの設定方法を教えてください。

A.コンタクト詳細項目として設定してください。

 ウェブサイトにアクセスしたコンタクトに3点加算する場合は下記設定となります。

1.コンタクト詳細項目を登録する

 アクセス:管理者設定画面>コンタクト詳細項目設定

 設定:コンタクト詳細項目(数値タイプ)にて「リードスコアリング」を登録

2.オートメーションを保存する

 トリガーブロック:ウェブサイトにアクセスされたとき

 オペレーションブロック:コンタクトを更新・詳細項目リードスコアリング・加算3

 

Q.「コンタクトの更新」はコンタクトのCSV一括更新、コンタクト一覧からの「一括更新」は対象となりますか?

A.対象となります。

Q.サイトアクセストリガーブロックで使用するには、アクセス解析オプションが必要ですか?

A.必要です。Googleアナリティクス等外部サービスのアクセス解析には対応していません。

Q.フォームを送信トリガーブロックで使用するには、フォーム機能の契約が必要ですか?

A.必要です。Sensesのフォーム機能で提供されるWebフォーム以外はトリガーになりません。

Q.「メール開封」「メールをクリック」トリガーブロックで使用するには、キャンペーン(メール一斉配信)機能の契約が必要ですか?

A.キャンペーン機能のメールを利用する場合必要となります。

  • キャンペーン機能で送信したメールを対象としたい場合:キャンペーン(メール一斉配信)機能の契約が必要です

  • オートメーションで送信したメールを対象としたい場合:キャンペーン(メール一斉配信)機能の契約は必要ありません

Q.マルチパートメールは送信できますか?

A.送信可能です。
ただし、テキストメールとして、HTMLメールで記述した情報がそのまま表示されます。

以下のようにメール本文を入力するとHTMLメールとして送られるときはHTMLとして扱われ変換されて表示されますが、テキストメールではそのままの文字列が表示されます。

-------------------start from here---------------------

<a href=3D"https://twitter.com">This is a multi-part test email</a>

plain text

Q.APIから実行されたデータ更新でオートメーションは実行されますか?

A.現在はAPIからのデータ更新された場合、オートメーション実行はされません。

回答が見つかりましたか?