対象

  • 全ユーザー

概要

案件に登録されている商品内訳情報の数量・単価・期間などを、CSVファイルを使って一括更新することが可能です。CSV一括登録・更新機能は管理者ユーザーのみ利用できます。

※商品内訳項目名および請求サイトは変更することはできません。
 
※一括更新できる件数は、最大5000件までとなります。5000件を超える場合は、複数回に分けて実行してください。

※更新しない項目は編集しないでください。空白にしてアップロードした場合、アップロード前の情報は削除されます。

目次

アクセス方法

商品内訳一括更新手順

 1. 一括更新するための、フォーマットCSVファイルをダウンロードします

 2. 更新用CSVファイルのレコードを[一括更新対象のみ]にします(更新対象外の行は削除します)

 3. CSVファイルの一括更新対象の列を変更します

 4. Sensesの一括更新へファイルをアップロードします

よくあるご質問

アクセス方法

メニュー > 一括登録・更新 > 一括更新 > 商品内訳一括更新
※案件タイプ毎に一括更新が可能です。はじめに案件タイプを選択してください。

商品内訳一括更新手順

1. 一括更新するための、フォーマットCSVファイルをダウンロードします

2. 更新用CSVファイルのレコードを[一括更新対象のみ]にします(更新対象外の行は削除します)

一括更新は更新用CSVファイルの全ての行を更新します。そのため、更新対象外のデータを削除し、一括更新対象の行のみに編集します。

3. CSVファイルの一括更新対象の列を変更します

列の値を更新内容で変更します。

  • 案件ID(必須)の値は変更しないでください。Sensesのデータベースと紐付けるキー情報になっています

  • 商品内訳No、商品内訳項目名、請求サイトは変更できません。

  • 列は削除しないでください。列数もSensesのデータベースと照合しています

4. Sensesの一括更新へファイルをアップロードします

ご参考

商品内訳一括登録

「チェックボックス/ラジオボタンの値が不正です」というエラーが表示された

CSV一括登録・一括更新の際に複数の選択肢(チェックボックス)を登録したい

案件情報取引先情報商品内訳設定コンタクト情報もCSVファイルを利用し一括登録/更新することが可能です。

■よくあるご質問

Q 「ヘッダー情報が変わっています」というエラーが表示され登録ができませんでした。

ダウンロードしたフォーマットファイルの1行目の項目の削除・編集・並び替えなどを行うとSensesのデータベースと照合できずこちらのエラーが表示されます。フォーマットファイルの項目はそのままご利用ください。

回答が見つかりましたか?